原爆で両親と弟を失った悲しみをつづった詩「ヒロシマの空」の作者、林幸子さん(故人)の孫で通信社記者の中山涼子さん(26)が、原爆詩人・峠三吉(1917~53年)のもとに集った若者の姿を描いた群像劇「河」に出演している。若き日の祖母がモデルの役を演じ、詩も朗読する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら