Image: ajw61185/YouTube

大人はリアルに飛ばします。

「6396 International Jetport」は、1990年にリリースされたレゴのキットです。これは小さな国際空港で、小型旅客機と整備士用の赤い小型車、それに黄色い小型ヘリコプターを組み立てるモデルでした。

デザインからコンセプトまで、昔懐かしいキットなのですが……このキットにあったヘリコプターを、10倍の大きさで再現し、本当に飛ばすことに成功した人が現れました。

プラスチックのレゴで完全再現…というわけにはいかず、やはり宙に浮くにはなるべく軽いほうが良いため、3mm厚のポリスチレン樹脂で作られています。また、大してプロペラが回っていないのによく飛ぶなーと思いきや、その鍵はスキッドに埋め込まれた小型プロペラ。これによりヘリコプターをドローン化しているわけなんです。発想が大人の本気。

アイデアを重ねた結果、リチウムイオンポリマー二次電池とNAZE32フライトコントロール・ボードを搭載しても、重量は2kgちょっとに抑えています。

このヘリコプターを飛ばしたのは、かつて『G.I.ジョー』飛行機を空飛ぶラジコンに改造したアダム・ウッドワースさん。懐かしの玩具を現代の科学技術で飛ばす、彼の次回作に期待しましょう!

レゴ (LEGO) クラシック 基礎板(グリーン) 10700

572円

Source: YouTube