法務省の在留外国人統計によれば、日本で暮らす外国人の数は年々増加を続けている。2017年末時点の在留外国人数は256万1848人に達し、前年比7.5%増となったほか、国籍別では中国の73万890人が最多となった。

 こうした中国人が日本に来た理由は人それぞれだろうが、中国人たちは日本に来たことを後悔することはあるのだろうか。中国メディアの快資訊は9日、日本と中国の文化的な差異は決して大きくはないとしながらも、日本で暮らすことを決めた中国人たちは日本での暮らしに適応できているのだろうかと問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本社会で暮らすうえでは「社会のルールを守る必要がある」とし、日本人は幼少の頃から社会の細かいルールを教えられて育ち、責任感も非常に強い特性があると指摘。それゆえ多くの中国人からすると「日本での暮らしはルールに縛られていて、非常に疲れる」ようだとする一方、「それでも日本に来たことを後悔している中国人は多くはない」と紹介した。

 なぜなら日本に限らず、他国で暮らすということは「最初に戸惑うことが多いのは当然だから」であり、「理解する努力をすれば溶け込むことができる」からだと指摘。また、近年は日本のどこにでも中国人がいて、中国が恋しくなればどこででも中華料理を食べることができると主張した。

 さらに、日本は伝統文化が色濃く残り、桜や富士山のように美しい光景や自然が存在する「強く惹きつけられる」国であると主張し、今後も日本で暮らす中国人が増加し続ける可能性が高いことを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本で暮らすことを決めた中国人たちは「その決定を後悔しているのか」=中国メディア