認知症啓蒙のためのシンポジウム

東京都は、「世界アルツハイマーデー」を記念して平成19年度より、毎年9月に認知症の正しい理解を促進するためのシンポジウムを開催しています。今年は9月15日(土)に開催、「認知症とともに暮らす~介護者への支援について考える~」をテーマに、講演・パネルディスカッションを実施するとともに、介護者への支援について考えていきます。



全体は休憩を挟んで2部構成。第1部は講演が2本、1本目は東京都健康長寿医療センター研究所、自立促進と精神保健研究チーム・粟田主一 研究部長による「認知症の正しい理解と支援」。2本目は「家族介護者のこころを支えるために大切なこと」、講師は東京都健康長寿医療センター精神科・ 臨床心理士の扇澤史子さんです。



パネルディスカッションは「介護者への支援について考える」

第2部はパネルディスカッション「介護者への支援について考える」です。「家族の立場から」(認知症の人と家族の会東京都支部代表・大野教子さん)、「支援者の立場から」(若年認知症ねりまの会MARINE・伊藤耕介さん)。「ディスカッション」のコーディネーターは栗田主一さん、パネリストは扇澤史子、大野教子、伊藤耕介の各氏です。



日時は9月15日(土)13:30〜16:30、会場は東京都庁第一本庁舎5階・大会議場、定員は500名、参加費は無料、事前申込制です。詳しい申込方法などは下記外部リンクよりご覧ください。



(画像はイメージです)



▼外部リンク
平成30年度 9/15東京都認知症シンポジウム、認知症とともに暮らす



東京都認知症シンポジウム「認知症とともに暮らす」9/15開催