絵本『ウォーリーをさがせ!』(北米版は『Where's Waldo?』)のページから、自動でウォーリーを見つけ出すロボット「Waldo」が誕生してしまいました。同作の醍醐味を数秒で奪い去る悪魔の発明。

【動画】ウォーリーを顔認識で発見する様子

 米広告制作会社redpepperが顔認識技術を応用して開発。ウォーリーの画像を大量に読み込ませ、システムに学習させています。

 ハードウェアはRaspberry Piを軸に製作。絵本を見せると全体から全ての顔を抽出してシステムと照合します。そして、学習内容との一致度が95%以上の顔をウォーリーと認識し、アームでビシッと指し示します。現時点ではプロトタイプながら、最速5秒以内で発見できるのだとか。

 コメント欄には驚きの声が寄せられるなか、「次はジョン・コナーを探せ」などというジョークも投稿されました。確かに、やっていることはターミネーターとだいたい同じだと思うと、ちょっと怖いかも。

ウォーリーはどこだ……