鳥栖戦の終盤、浦和FW李がゴールを決めるもノーゴール判定で猛抗議

 浦和レッズは11日のJ1第21節サガン鳥栖戦で0-1と敗れた。後半43分に浦和FW李忠成がゴールを決めたかに思われたが取り消される場面が起きたなか、同僚の日本代表DF槙野智章が試合後に公式ツイッターを更新。賛否を呼んでいるシーンの動画(※現在は削除)をアップするとともに、「どう思う?」と英語でファンに問いかけている。

 試合は後半8分、MF高橋秀人に先制ゴールを決められ、追いかける浦和が後半43分に右コーナーキックを獲得。この流れから問題のシーンが起きた。

 キッカーを務めたのはMF柏木陽介。左足を振り抜くと、ファーサイドに上がったボールをDFマウリシオがヘディングシュートし、ゴールライン上で鳥栖DF小林祐三がクリア。しかし、そのボールがゴールポストに当たったところを浦和FW李が押し込んだ。しかし、アシスタントレフェリーがフラッグを上げ、ゴール前で李がファウルしたとしてゴールは取り消され、浦和は0-1と惜敗した。

 李は相手GK 権田修一と確かに接触したが微々たるもので、浦和のメンバーたちは猛抗議したが判定は覆らず。試合後、槙野は公式ツイッターに一連の場面を映した動画をアップすると、ファンに意見を求めるように「What do you think???(どう思う)」と綴り、肩をすくめる絵文字を連続投稿した。

 ファンからは判定を巡って様々なコメントが並び、ゲームを左右する事象の確認に適用されるVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)の早期導入を求める声も上がるなど議論百出となっている。


(Football ZONE web編集部)

浦和DF槙野智章【写真:Getty Images】