戦後73年。戦争体験者から“あの時代”を表現する新世代まで、それぞれの「歴史との向き合い方」とはどんなものでしょうか。昭和19年、広島は呉の北條家に嫁いだ女性・すずを主人公にした『この世界の片隅に』。主演の松本穂香さんは、戦時中という舞台をどんな思いで演じているのでしょうか。(全2回の1回目/#2へ続く)

すずさんは、気負わない人

――『この世界の片隅に』の主演オーディションは約3000人の応募があったとか。

松本 と聞いております。撮影の直前にその数字を知ったくらいで……。

――ドラマの脚本は岡田恵和さんですが、オーディション時にはいらっしゃったんですか?

松本 最終オーディションにいらっしゃいました。岡田さんには、私が青天目澄子役で出演した『ひよっこ』でもお世話になっていたので、何か不思議な縁を感じています。最終に残った時には「気負わずにね」って言葉をいただきました。

――主人公のすずを演じるにあたって、まずどんなことを考えたんですか?

松本 うまく演じようとか、引っ張っていこうとか無理に思わないようにしようと。まさに「気負わずに」です。相手役の松坂桃李さん、義理のお姉さん役の尾野真千子さんをはじめ、周りには素敵な先輩がたくさんいらっしゃるので、みなさんから受け取るものを私は大事にしていこうと思いました。それは、すずさんも同じなんですよね。周りに支えられて、頑張れている人。

『ひよっこ』からさらに昔の「暮らし」

――『ひよっこ』は1960年代後半を主に舞台にした作品でしたが、今回はさらに昔、1945年の終戦に向かう太平洋戦争末期が舞台です。

松本 戦争が題材になっている作品に取り組むのが初めてのことだったので、いろんな資料で勉強しました。特にこの作品はすずさんの目を通した女性たち、戦時中の普段の生活を描いた世界ですので、戦時中の「暮らし」についての本を特に夢中になって読みました。

――たとえばどんなものを?

松本 演じるにあたってはイメージが必要なので、いろんな写真が載っている分厚い本をめくっていました。そこには生活についてだけではなく、空襲のあとの生々しい写真なども載っていて……本当にこういうことが起きたんだなって、単純な感想なんですけど率直にそうとしか思えなくて。想像だけではもう全然追いつかないって呆然としました。

楠公飯、私はけっこう美味しいと思いました

――当時の暮らしを演じながら体験されて、何が一番大変ですか。

松本 水汲みです(笑)。棒の両端にバケツをぶら下げて、それを背中越しに天秤みたいにして運ぶんですけど、こんなに大変なんだって。実際に水が入っているんですよ。だから演出でなくフラフラしてしまうんです。大変すぎて、オンエアを自分で観ていても、自分でやったような気がしないほどで。

――台所仕事も多いですよね。ちゃぶ台に並ぶご飯がふっくら大盛りで。

松本 楠公飯(なんこうめし)ですね。お米を節約するために考え出された戦時中レシピ。

――あれは収録現場でも実際に食べているんですか?

松本 食べてますよ。家でも2回くらい作って食べました。

――自分で作ったんですか!

松本 玄米を炒って、玄米に対して3倍の水を入れて、半日くらい置いてから炊く。すると玄米が倍ぐらいに膨らむんです。食感がボソボソしていて、冷めちゃうとポロポロこぼれちゃうんですけど、私はけっこう美味しいと思いました(笑)。

時代考証の先生に「もったいない!」って言われる

――おかずは今と違うなって実感しませんか?

松本 特別な日のシーンで、缶詰に入ったお肉が出てくることがあったんですが、本当に「特別感」がありました。普段は大根の煮物とか、たまにお魚。でも6人家族なので2匹のお魚を分けるとなると、私は頭だけとか(笑)。時代考証の先生が現場に付いてくださっているので、味付けも当時を再現しています。「もったいないから、こんなにお醤油使わないよ!」とか指導が入ることもあるんです。

――「贅沢は敵だ」「欲しがりません勝つまでは」が長く続いた、その終盤の時代ですから節約生活はいろんなところに見え隠れしますよね。

松本 石鹸を使って洗濯板でゴシゴシ手洗いしていると、時代考証の先生から「もったいないから、そんなに使わないよ!」って。配給もどんどん乏しくなっていくから、さっきの楠公飯のように「代用品」が生活に入り込んでくるんですよね。木炭の代わりに作る代用炭団とか。こういう工夫をしていたんだって、作りながら思いました。

『ひよっこ』の澄子もよく食べて、よく寝てましたよね

――松本さん自身は、家事は得意なんですか?

松本 いえ……、私は一日じゅう家にこもっているのが苦になるタイプなので、毎日同じ時間に起きて、同じことをしてっていう生活はできない気がします(笑)。なので、すずさんってすごいなって思うんです。すずさんと自分が似ているところはテンポかなと思います。しゃべるテンポだったり、食べるテンポだったり。

――けっこう食べるシーンがありますよね。

松本 よく食べて、よく寝てる。『ひよっこ』の澄子もよく食べて、よく寝てましたよね。そしてふたりともボーッとしてる。ただ、すずさんも澄子も、あえてボーッとしているときがあるんですよ。「みんなが笑顔になるんだったら、私はボーッとしたキャラクターのままでいよう」っていうような。

私の知らない戦争の時代

――『この世界の片隅に』は、戦争を描いていながらそうした笑顔が常にあるような感じがしますね。

松本 こうの史代さんの原作漫画を読んだのは、主演が決まった後のことなんですが、「これは戦争ものだから」って、ちょっと構えて読んだんです。きっと悲惨なことが次々と描かれているんだろうってイメージしながらですね。でも上編を読み終えても、中編を読み通しても人物に笑顔があって、まだ全然、まだ大丈夫って感じで。でもその、どこかのんびりした感じが下巻で突然崩れて、日常の暮らしに戦争が入り込んでくる。その衝撃が忘れられません。

――周りを和ませていたすずにも悲劇が訪れてしまう。

松本 そうですね。笑顔の生活が続いていたからこそ、戦争という大きなものに抗えずに受けてしまう辛さとか、苦しさってより大きなものになってしまったんじゃないかな。すずさんの身に降りかかる出来事はひとつひとつ考えさせられることが多くて、演じるのは大変です。でも、私の知らない戦争の時代というものに向き合うこのお仕事は、自分にとって絶対に大事なものだと思っています。

#2へ続く)

まつもと・ほのか/1997年生まれ。大阪府堺市出身。主な出演作品に映画『青空エール』(16年)、『世界でいちばん長い写真』(18年)テレビドラマ『ひよっこ』『平成物語』など。9月13日に写真集『Negative Pop』が発売。10月5日には出演映画『あの頃、君を追いかけた』が公開。

写真=鈴木七絵/文藝春秋 

(「文春オンライン」編集部)

松本穂香さん