GT-Rニスモ・ニスモNアタックパッケージAキット装着車をご紹介します。

詳細画像はこちら

このパッケージの成立背景には、2013年にGT-Rニスモが登場するにあたって行ったニュルブルクリンクタイムアタックがあります。アタックにより7分8秒679という記録を打ち立てたときの仕様を忠実に再現したのが、このモデルなのです。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

このパッケージではGT-Rニスモ(今回撮影したのはモデルイヤー17型)をベースに様々な仕様変更がなされています。専用カーボンフロントフェンダーはフリックが追加設定された独特な造形。

詳細画像はこちら

専用カーボンリヤウイングは2段階の高さ調整機能と12段階の角度調整機能が付いています。

詳細画像はこちら

インテリアでは専用のレカロ製フルバケットシート(カーボンシェルタイプ)が装着されました。

詳細画像はこちら

またリヤシートは撤去されて専用カーボンリヤバルクヘッドがセットされる2シーター仕様です。

詳細画像はこちら

VR38DETT型エンジンは、ニスモ仕様となる時点で『GT-RニスモGT3』と同じ専用ターボチャージャーが搭載され、最高出力600PS仕様となっています。

詳細画像はこちら

今回のパッケージではカーボンの専用インタークーラーパイピングや専用ECM(エンジンコンピューター)&TCM(トランスミッションコンピューター)に変更され、さらなるレスポンスと最適制御が目指されました。駆動系もニュルブルクリンクでの最適化を目指した専用前後LSDに換装されています。

詳細画像はこちら

サスペンションはオーリンズ製4ウェイ専用ショック&専用スプリングに交換されました。

今回、ミハエル・クルム選手による走行に同乗することができましたので報告します。クルム選手は2013年のニュルブルクリンクでのタイムを達成したドライバーであり、また最新の2018年モデルのレースベース車・GT-RニスモGT3の開発ドライバーでもあります。

詳細画像はこちら

走行するのは日本の狭い峠道を再現したようなコースが特徴の群馬サイクルスポーツセンター、通称・群サイです。このコースは非常に道幅が狭くまたアップダウンが大きく、路面には一般的な公道よりも厳しいほどの凹凸がありく、かなり難易度の高いコースです。

道後幅や絶対的な速度域は違いますが、ある意味ニュルブルクリンクに近い条件といえるでしょう。

詳細画像はこちら

非常にくせが強いこのコースでクルム選手はひるむことなくアクセルを踏んで行きます。強烈な加減速G、コーナリングでの横Gのため体はフルバケットシートをもってしても完全には固定できず、オプションの6点式シートベルトの存在理由がよくわかりました。

そのように激しく車体が動いていますが、トラクションが抜ける感覚はないのが不思議でした。しっかりとトラクションがかかっているからこそクルム選手は自信を持って踏んでいけるのだろうなと推測します。

詳細画像はこちら

走行を終えてからクルム選手に足回りの方向性についてうかがいました。

「鏡のようにきれいな路面のサーキットを走るのであれば標準のGT-Rニスモでいいでしょう。
ただしニュルやこの群サイのような路面変化が大きなコースではしっかりとトラクションかけてやることが大事です。
このためNアタックパッケージではストローク初期の減衰が素早く立ち上がるような特性に変更し、タイヤを路面から逃がさないことに注力しました」

ベースのGT-Rニスモが整備された路面での最速GT-Rを目指す性格だとしたら、このNアタックパッケージはどんな場面でも速い、”無差別級でトップを狙う”仕様なのでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

【GT-Rニスモ・ニスモNアタック パッケージキット装着車】本職ライターでもたじろぐ!? クルム選手が「自信を持って踏める」チューニング(http://clicccar.com/2018/08/12/616228/)