BMW X1と同じプラットフォーム「UKL」を使い、クーペ風味が強調されたBMW X2。エンジン横置きのFFベースというのは、X1や2シリーズ(アクティブツアラー、グランツアラー)、MINIと同じです。

詳細画像はこちら

X2のボディサイズは、全長4375×全幅1825×全高1535mm。2670mmのホイールベースは、X1、2シリーズ・アクティブツアラーと同値で、X1よりも全長が80mm短く、ショートオーバーハング化されています。さらに全高もX1よりも75mmも低く、居住性などの実用性も気になるところ。

前・後席ともにSUVとしては、ショルダールームや頭上空間は狭いものの、後席の足元はライバルと比べても十分に広く、身長171cmの筆者が前後席に座っても十分に実用になる印象。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

荷室容量も通常時で470L、後席を折りたためば最大で1355Lまで拡大します。床下にも大きなアンダーボックスが用意され、小物の収納も容易にこなしてくれそう。X1の505L〜1550Lにはさすがに及ばないものの、日常ユースなら不足はないはず。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

なお、メルセデス・ベンツGLAは421L−1235L、アウディQ2の405L−1050L、ボルボXC40の460L−1336Lで、ライバルになりそうなSUVと比べても荷室容量だけでなく、積載性も高いといえます。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

1535mmという全高により、1550mmの高さ制限のある立体駐車場にも入庫可能でありながら、上記のような居住性、積載力を備えているX2。新たな都市型SUVとして魅力的な選択肢になりそうです。

(文/塚田勝弘 写真/本間章悟)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【BMW X2試乗】クーペ風クロスオーバーSUVでも居住性、積載性に抜かりなし(http://clicccar.com/2018/08/12/616947/)