トップ選手でも抱える引退後の不安、杉山愛さんを救った「ノート」とは

 引退後の人生をどう送るのか。その不安は、例えトップアスリートであっても抱えている。日本を代表する女子プロテニスプレーヤーとして、輝かしい戦歴を残した杉山愛さんもその一人。引退後、自分の道を見失いかけたとき、彼女を救った行動とは?

 ◇ ◇ ◇

「――引退後、私はいったいどうなるのだろう?」

 現役時代、女子ダブルスでは世界1位に、シングルでも最高8位にランキングと、日本の女子プロテニスを牽引する存在だった杉山愛さん。そんな彼女も、引退後については漠然と不安を抱えていたという。

「私は4歳で、テニスに出会ってしまった。17歳でプロになり、以降17年間、自分がもっとも大好きなテニスを続けながら『私にとってこれ以上の仕事はない』と常々、思っていました。競技人生が終わったら私はどうなるのだろう? 何をやればいいのだろう? 引退後を考えると不安ばかりでした」

 最初に思い浮かんだのは指導者としての姿だった。杉山さんは“小柄”という肉体的ハンディを克服するため、あらゆるトレーニングを取り入れ、自分を追い込み、鍛えてきた。その経験を活かせるのではないかと考えた。

「でも、選手に帯同するツアーコーチの生活は、選手の延長線上といえるほど過酷。だったら選手をやっているほうがいいな、と(笑)。17歳でプロになってから転戦・転戦の日々だったので、まずは落ち着いた生活を送りたかった。将来的に指導者を目指すとしても、一呼吸置きたかったんです」

 とはいえ、引退直後は旬の人。連日、メディアからは引っ張りだこで一呼吸する間もなかった。しかしこれは「想定内」。「当時の仕事は、プロテニス選手としての役目の一つ。かなりハードなスケジュールではありましたが、近いうちに落ち着くとも考えていました。それに、今まで応援してくださった方々へ、お礼を言えるいい機会でしたから」

体がSOSを発した日、“やらなければ”ではなく“やりたいこと”をノートに書き出した

 テレビやラジオのコメンテーター、各地での講演と、仕事が仕事を呼び、多忙でも新しい経験が続く楽しい毎日が続いた。しかし3か月が過ぎた頃、体に変調をきたす。

「選手時代もハードでしたが、決まったルーティーンをこなし、トレーニングや試合を行い、ケアをする規則正しい生活。それに、すべての時間、自分の体と心に向き合えました。ところが引退後の仕事は、すべて相手方のスケジュールに合わせて動く。不規則で、神経も使い、コントロールもできません。そのうち、ジッとしていても天井がぐるぐる回るような症状が現れるようになりました」

 仕事は引く手あまたでスケジュールはビッシリ埋まっている。しかし心は、満たされるどころか充実感からどんどんかけ離れ、ついに体がSOSを発した。

「選手時代から私は、短期・中期・長期的のプランを組み、プロセスを踏んで、定めた目標に到達するのが好きだった。ところが、引退後、そうはできなかった。『私は一体、どこに向かっているんだろう?』といつもモヤモヤしていました。当時を振り返ると、体も、心も、バラバラだった」

「このままではいけない」。杉山さんは、現役時代の自分に立ち返る。ノートに向かい、“やらなければいけないこと”でなく、“やりたいこと”を書き出していった。

「書いていくと、女性として、社会人としてどう生きたいのか、今の自分は何をしたいのかに、向き合える。100のやりたいことをリストアップし、実現したものから消していくことにしました」

 リストの一番上にきたのは結婚、そして2番目は出産。それは、幼い頃からイメージしていた人生の一つでもあった。

今も続けるウィッシュリスト「50個叶えたら50個追加する作業を続けています」

「長年、プロとしてプレーしてきたことを誇りに思うし、得難い経験もたくさんしたので、過去の選択に悔いはありません。でも、書き出したことで出産にはタイムリミットがあると自覚できたし、10年間は仕事よりもプライベートを優先しようというマインドセットできました。

 もちろん、書き出したからといって、実現できないものもあります。でも、立ち止まって考える時間を持たないと、目の前のことに手いっぱいで、時間だけが過ぎていく。リストアップすると、意外と自分の人生を俯瞰して見られます。すると、人生のプライオリティが明確になり、仕事のやり方や捉え方も変わってきたりする。そこが重要な気がします」

 結婚、出産を経て、大学院に進学。2年間、家庭、仕事、学業を両立させながら、2017年3月に卒業した。これもウィッシュリストにあった一つ。

「院に進んだのは指導者になるための学び。卒業した翌月から指導の仕事をスタートし、今ではコートに立つ機会も増えました。ウィッシュリストは今でも、50個叶えたらまた50個追加する作業を続けていますよ」

 一呼吸置きたい、と言っていたが、結局、常にフル回転しているように見える。

「確かに(笑)。忙しさは変わらないので、ワークライフバランス、心身のバランスは常にとっていく必要があるのは相変わらずです。でも、声を掛けていただけるのは有難い。職種も分野も様々な仕事をしていますが、楽しいですね、今は!」

◇杉山 愛(すぎやま・あい)

 1975年7月5日、神奈川県出身。4歳でテニスを始める。15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位を獲得し、17歳でプロに転向。シングルス492勝(優勝6度)、ダブルス566勝(優勝38度)、4大大会のダブルス優勝4回。ダブルスでは世界ランク1位に輝き、日本を代表するプロテニスプレーヤーとして一時代を築いた。2009年、34歳で現役を引退。その後、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科にて修士課程を修了。現在、スポーツコメンテーター、後進の育成事業を手掛けるなど、多方面で活躍する。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

日本の女子プロテニスを牽引した杉山愛さん【写真:Getty Images】