ライバルのカナダ放送局が特集「ラック、オレクシアクの強敵の一人になる」

 競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第3日は11日、女子100メートルバタフライで18歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が、自らの持つ日本記録を0秒15更新する56秒08の大会新で初優勝した。リレーを含め、今大会3つ目のメダルを獲得した日本の18歳に海外メディアも脚光。「日本発の次なるスーパースター」と報じている。

 パンパシで躍動する「リカコ・イケエ」の名前は海外でも注目を浴びている。今大会も有力選手を多数送り込んでいるカナダの放送局「CBCスポーツ」は今大会の池江の活躍ぶりに脚光。公式ツイッターで「池江璃花子をよろしく:日本の次なるスイミング・スーパースター」とつづり、日本の18歳を特集した動画を公開している。

 多くのファンに囲まれるシーン、表彰台で笑顔を見せるシーンなどとともに「カナダよ、池江璃花子をよろしく。彼女は日本発の次なるスイミング・スーパースターだ」と字幕で紹介。さらに「そして、2020年東京五輪の噂のタネにもなるだろう」と2年後の五輪を賑わせる存在になると見ている。

「池江はアメリカのスーパースター、ケイティ・レデッキーより速く泳いでしまう」

 池江は50、100、200メートルの自由形に出場するとした上で「2015年世界ジュニア選手権で突如姿を現して以来、彼女はファンに日本記録更新を期待されている」と言及。「池江はアメリカのスーパースター、ケイティ・レデッキーより速く泳いでしまうほどだ」と今大会も200メートルでレデッキーを3位に追いやり、銀メダルを獲得したことを伝えている。

「そして、池江はカナダのテイラー・ラック、ペニー・オレクシアクと同種目で泳ぐのだ。地元日本の歓声を背負って……。池江は2020年東京五輪で彼女らの強敵の一人となることだろう」とカナダが誇るトップ選手2人の強力なライバルになると警戒心を強めている。

 驚異の進化を遂げ、18歳にして海外から脚光を浴びる存在となっている池江。ここから東京五輪までどんな成長曲線を描くのか。楽しみでならない。(THE ANSWER編集部)

池江璃花子【写真:Getty Images】