カラテカ入江(©ニュースサイトしらべぇ)

3年前から始めた副業で年商1億円達成がほぼ確定したカラテカ・入江慎也(41)が、11日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に登場。

副業で荒稼ぎしている事実、「芸人はコスパが悪い」「さんまさんはキャディーになれ」など独自の見解を示し、話題を集めている。

■副業で月350万円

芸人としての給料は40万円、副業は売り上げではあるものの350万円を稼ぎ年商1億円がほぼ確定。今や副業がメインとなりつつある入江。

その副業は主に「友達5000人」という豊富な人脈を活かしたコンサルティング。「商品や対象を世に流通させるためのアイディア」を提案、商品提供側とそれを実現できる企業同士を繋ぎ契約が成立すれば、そこから売り上げの一部をシェアする形だ。

入江は「お笑いで実力があってトークでいけるならいいけど、(無い人は)キツイと思う」と前置きし、出演する芸人らに副業を強く推す。

■芸人はコスパが悪い

パンクブーブー・黒瀬純(43)は1日3ステージで65,000円のギャランティ。キングオブコント王者のライスは1ステージ5,000円ほどと明かされ、入江は「芸人はコスパが悪い。会議に1時間出て20万円もらえる」と熱弁する。

黒瀬が「副業すると芸が荒れる」と声を荒げたが、入江は「それは(考え方が)古い」とバッサリ。「売れてる先輩を見すぎ。現実見たら『将来も今の仕事ありますか?』って話」と入江はヒートアップしていく。

■さんまはゴルフのキャディー向き

入江の副業話に興味津々の明石家さんま(63)に、入江は「ゴルフのキャディーさんが向いている」と独自のアイディアを明かす。

騒然とするスタジオだが、「さんまさんと一緒にコースを回りたい社長さんはいっぱいいる。1人500万円、4人で2000万円は取りたい」と破格の儲け話を提案すると、さんまもまんざらではない表情。

さらに中川家・剛(47)には「双子限定のランチ会を主催」、麒麟・川島明(39)には「文才があるのでコピーライター」と次々にアイディアを出し、「(所属事務所の)吉本を通さずお金をもらえる。いろいろと動きますので…」と副業の道へ誘った。

■視聴者からは賛否

自身の最大の武器「人脈」を活かし、ビジネスマンとしての商才を見せつけた入江。視聴者からはビジネスセンスへの称賛と、芸人としての在り方への批判が寄せられている。

■約半数が「副業禁止」

しらべぇ編集部で全国20〜60代会社員の男女495名を対象に調査したところ、全体の46.9%が「働いている会社は副業禁止である」と回答した。

副業禁止グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

働き方が見直されつつある昨今、過半数の企業は副業を認めているようだ。複数の仕事で収入を得ることを推奨している企業も少なくない。

これからは、本業と副業、どちらも大切な仕事・収入の柱として、仕事へのやりがいや生活の潤いを得るのも重要なのではないだろうか。

・合わせて読みたい→友達5000人のカラテカ入江が明かした「目上の人の心をつかむ方法」がスゴすぎる

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代会社員の男女495名 (有効回答数)

副業で年商1億円のカラテカ入江が熱弁 「芸人はコスパ悪い」「さんまはキャディーになれ」