ユーベFWディバラとの2ショット公開、筋骨隆々の筋肉美を映した1枚が話題

 今夏、スペイン1部レアル・マドリードからイタリア1部ユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、33歳の今も筋骨隆々の肉体を維持しているが、公式インスタグラムにアップした1枚の写真が大きな話題となり、「いいね!」が970万件を超えるほどの大反響を呼んでいる。

 レアルでUEFAチャンピオンズリーグ史上初の3連覇に貢献したロナウドは、欧州年間最優秀選手に贈られるバロンドールを史上最多タイの5度受賞するなど、名実ともにサッカー界を牽引するスーパースターの一人。ユベントスへの移籍で驚きを提供したが、新天地でトレーニングに励んでおり、チームメイトとも絆を深めている最中だ。

 そんなカリスマが10日に自身の公式インスタグラムを更新。昨季から元イタリア代表FWロベルト・バッジョや同MFアレッサンドロ・デル・ピエロも着用したユベントスの栄光の10番を継承したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとの2ショットを投稿した。

 注目を集めているのは、体脂肪率7%とも言われるロナウドの肉体だ。ガッツポーズのように突き出された右腕上腕は美しく割れており、Tシャツが破れんばかりに筋肉が隆々としている。右足太ももの筋肉も筋が通って盛り上がっており、一目で驚異のフィジカルを感じさせる写真に大勢のファンが反応し、次のようなコメントが並んだ。


185センチ・80キロのロナウドと177センチ・69キロのディバラが並び…「ひ弱に見える」

「見栄えが良すぎる」
「驚異的」
「美しい」
「なんてマッチョだ」
「ディバラがひ弱に見える」
「この筋肉を見よ」
「規格外」
「美しきロナウド」
「筋肉が大きすぎる」
「世界最高」

 ユベントスの二大エースが並んだ2ショットに「最強のデュオ」という声も多く上がった一方、ロナウドの筋肉美を称賛する言葉がそれを上回った。177センチ・69キロのディバラに対して、185センチ・80キロのロナウドは圧倒的な存在感を放っており、たった一枚の写真で世界中のファンを虜にしているようだ。


(Football ZONE web編集部)

今季からユベントスでプレーするC・ロナウド【写真:Getty Images】