『ムキシ』は、三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵を迎え、レキシが約2年3ヶ月ぶりにリリースするニューアルバム。9月26日に発売される。

同アルバムの“手書きジャケット”は、その名のとおりレキシ本人が一枚づつアルバムタイトルを手書きし、レキシ印のハンコが押し、完全生産限定盤として出荷するもの。手書きジャケット付き限定盤のリリースは、過去5作のアルバムでも実施されてきた。前作『Vキシ』発売の際には、予約時点でほぼ完売するに至っている。今回は6枚目のアルバムリリースを記念して、過去最高となる16,666枚を目指して手書きを行う。

なお、アルバムのジャケットは、通常の手書きのものだけでなく、“脱線”したタイトルや、節目枚数の“キリ盤ジャケ”も存在。さらに、参加ゲスト、ミュージシャンらレキシ以外が手書きした“レア盤”ジャケットもあり、すべてランダムに出荷される。それぞれ誰が手書きしたか判別できるオリジナルハンコも押されているという。

『手書きジャケット 16,666枚! 目指せ!ムキ新記録!』では、レキシが一枚一枚手書きする様子を、トークを交えながらまったりと生配信。アルバムについてや、そのほかもろもろの脱線トークなど、初回配信ならではの内容になるそう。詳細は番組サイトを確認しよう。

 

 

レキシ