中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。
今回は中国の動画サイトで配信されている日本の7月の新作アニメの動向や、中国のネットで行われているアニメやマンガも重点的なターゲットとなった規制の動きなどを紹介させていただきます。

【大きな画像をもっと見る】

中国のオタク層にとっても予想外の人気作品が出た7月新作


7月の新作アニメに関しては中国でもさまざまな盛り上がりを見せていますが、中国のオタク界隈では7月の新作アニメは「予想外の収穫」作品が多いといった印象になっているそうです。

まず、放映開始前こそあまり目立たなかったものの、配信開始以降に大人気となっているのが「はたらく細胞」です。この作品は近年中国でもジャンルが確立されているミリタリー系を中心としたさまざまな萌え擬人化とは少々異なる、日本の学習マンガ的な擬人化およびそのキャラクターを活用した「勉強になるストーリー」というのが非常に新鮮に受け止められているそうです。

中国では日本のいわゆる学習マンガ的なものになじみがなく、過去にも「日本の参考書のイラストをプロのマンガ家が描いている」などということがニュースになったりしています。そういった背景もあってか、人体という誰もが語れるテーマを使った
「オタク的な面から見て面白いうえに正面から知識を蓄えられるアニメ」
というのは驚きだったらしく、定番の擬人化キャラに対する萌えを叫ぶ声に加えて
「これはためになる科普(科学の普及)作品だ!」
などといった評価の声も上がっているのだとか。

次に予想外な流れの人気や評価となっているのが「Back Street Girls -ゴクドルズ-」です。この作品は原作マンガの知名度が中国のマニア層を中心に比較的高く、アニメ開始前から一定の期待が集まる作品となっていたらしいのですが、始まってみると「動かない紙芝居アニメだった」ということで事前に期待していた層からは酷評が集中してしまったそうです。

しかし一般寄りの層からは、テンポのよい演出や声優の演技などから「動かない」ことについてはあまり問題視されず、しかもアイドルと裏社会というありそうでなかった組み合わせのブラックなギャグが刺さる人もかなり出たそうです。そして結果的に動画サイトのコメントでツッコミを入れながらワイワイ楽しめるギャグ系の作品として受け入れられ、序盤からかなりのペースで再生数を稼ぐこととなった模様です。
「Back Street Girls」に関しては、ある意味では「当初の期待が裏切られた」とも言えますし、中国のアニメ視聴者におけるマニア層の期待や評価と、一般寄りの層の評価のズレが出ているようなところもかなり興味深いですね。

そして中国における事前の評価では7月新作の本命とされ、配信開始後も事前の予想を裏切らないペースで再生数を稼いでいるのが「オーバーロードIII」です。
「オーバーロード」はネットゲーム的な要素やダークヒーロー要素、異世界転移や“俺TUEEEE”的な要素などがうまく組み合わさっていることから、中国でも広い範囲にわたって「刺さっている」という話を聞きますし、それに加えて近年の中国では珍しい人気の出方をしている作品です。

近年の中国で人気になった日本のアニメ作品の多くは初動で人気が出て、その後徐々に落ち着いていき、完結後は次の新作アニメに多くの人が移るので、人気も話題性も日本と比べてかなり速いペースで冷え込んでいくという形になっているのですが、「オーバーロード」はアニメ第1期が始まった頃はパッとしなかったものの、その後徐々に人気が高まり、アニメ第3期では配信開始前から注目される大人気作品といった扱いになっていたのだとか。

また「オーバーロード」に関しては、日本の新作アニメを熱心に追いかけて話題にする層以外の、時間のあるのときにまとめてアニメ作品を見て楽しみたい層からの支持も強く、新作配信のない時期においても人気を維持して再生数を稼ぐことのできる作品になっているという評価もあります。

これらの作品以外に、中国でも原作ゲームファンからの強い支持を集めている「殺戮の天使」や、定番の異世界転移展開に安定したクオリティそしてお色気サービスも備えた手堅い作品として人気になっている「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」、スポーツ系作品としての人気に加えてクオリティ面からも評価されている「はねバド!」といった作品などを中心に、中国のオタク界隈でも7月の新作アニメはイロイロと盛り上がっているようです。


>> 人気作品は出たが日本産も中国産も対象になる規制が行われた、中国の7月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】 の元記事はこちら
人気作品は出たが日本産も中国産も対象になる規制が行われた、中国の7月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】