米マイナーで珍事、2点差の9回2死満塁で投手の暴投からまさかの展開が…

 米大リーグのマイナーで9回2死満塁の振り逃げから3点が入り、逆転サヨナラとなる珍事が発生。衝撃の“逆転サヨナラ振り逃げ3ラン”の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介。「この狂気の展開を見よ」と報じている。

 こんな振り逃げは見たことがない。衝撃の珍事で話題を呼んでいるのは10日(日本時間11日)の1Aの試合だった。ブルワーズ傘下ウィスコンシン・ティンバーラトラーズはエンゼルス傘下バーリントン・ビーズ戦、2-6で9回を迎えていた。

 それでも、2点を返して2点差とし、なお2死満塁の好機を作った。ただ、打席のピエールは2ストライクと追い込まれた。そして、相手クローザージエンバの変化球にバットが空を切る。捕手が捕球できずに後逸。ピエールは一塁へ走った。ただ、ボールは大きく逸れてはいない。試合終了か――。そう思った次の瞬間だった。

 捕手の一塁送球が悪送球となってしまったのだ。まさかの事態に騒然となるスタジアム。ボールは右翼ファウルゾーンを転々とする。慌てて右翼手がカバーに走るが、1人目が生還、2人目が生還。この時点で同点だ。そして、一塁走者が三塁も蹴って本塁へ突っ込んでくる。まさか――。右翼手からの返球が捕手へ届く。しかし、わずかに生還が早かった。

 7-6の逆転サヨナラ勝ち。信じられないような事態に狂喜乱舞の選手たち。相手投手は呆然と抱えていた。実況は絶叫し、観客も騒然。試合終了が一変して勝敗まで入れ替わった珍事となってしまった。

勝敗が入れ替わった衝撃の事態「この狂気の展開を見よ」

「Cut4」は「ウィスコンシン・ティンバーラトラーズがワイルドピッチで3得点しサヨナラ」と見出しを打って特集。2死満塁となった状況について、こう記している。

「サヨナラの走者が一塁にいて、バーリントン・ビーズのクローザー、ブレイク・ジエンバは試合が1球で終わることを知っていた。彼は打者が空振りしても試合が1球で終わるとは思っていなかっただけだ。そう、本当だ。ウィスコンシンのニック・ピエールは試合を終わらせるはずの三振となるスイングをし、どういうわけか3得点が加わりラトラーズが勝利したのだ」

 さらに、状況を説明した上で「この狂気の展開を見よ」とつづって動画を公開している。マイナーリーグでは10日に1イニング2球で3アウトという珍事が生まれていたが、記事では「『1イニング2球で3アウト』が金曜のマイナーリーグで最も奇妙な出来事にすらならないなんて、誰が知っていただろう」と同日に起きた奇跡に仰天していた。

 記録は投手の暴投と捕手の悪送球だが、それでも形的には“逆転サヨナラ振り逃げ3ラン”ともいうべき珍事は米国で大きな話題をもたらしている。(THE ANSWER編集部)

マイナーリーグで「逆転サヨナラ振り逃げ3ラン」という珍事が発生【写真:Getty Images】