俳優の小栗旬が11日、都内で行われた映像配信サービスdTVのオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」舞台あいさつ付き先行上映会にサプライズ登壇してファンを沸かせた。イベントには、福田雄一監督、立木文彦、山本美月、戸塚純貴も登場した。

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の公開にあわせ、空知英秋による原作コミックでも人気の高い「眠れないアル篇」「土方禁煙篇」「幾つになっても歯医者は嫌篇」を全3話で実写ドラマ化した本作。

 戸塚は真選組の監察方・山崎退役を演じているが出演シーンが少ないそうで、次作に期待を寄せるが、福田監督は「普通は主役が出ないスピンオフに小栗旬が出ていることに価値があるから、小栗旬をしのぐ何かがお前にないと雇えない」ときっぱり。すると戸塚は「ここぞという時のコメディー、顔の力は小栗さんに出せないものを出せますよ」とアピールすると、「最近、体力の限界を感じてるんじゃないかな……」と小栗を気遣い、「次に会ったら『世代交代だ!』と言いますよ」と意気込んだ。

 そして、フォトセッション時に小栗が宣伝パネルを持って現れると、観客が大喜びする中、戸塚は「最悪!」と動揺。小栗から「言いたいことがあるんだろ」と迫られたため、戸塚は「『銀魂3』、山崎退として小栗さんを超える芝居を見せます。なので……世代交代だ~!」と涙目で訴えてみせた。ところが、小栗はまったく動じることなく「頑張ってください。応援してます」とエールを送ると、「たぶん俺の方が体力あると思う」と涼しい顔をしていた。

ドラマにも期待!

 この日は、マダオこと長谷川泰三役の衣装で登場した声優の立木が、自身が声を務めるアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウの声で「銀魂2、問題ない」と発して、ファンを喜ばせる場面も。

 「お話し(オファー)をいただいたのが(撮影の)数日前」とぶっちゃけた「銀河鉄道999」のメーテル役の山本は、熱烈な銀魂ファンであることから、福田監督から「『1』と『2』で違う役をやっている奴(佐藤二朗)がいて、『2』が大ヒットしたら『3』やれるかもしれないから、その時にはご希望の役を申請していただければ」と誘いを受けていた。(取材・文:錦怜那)

dTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」は映像配信サービスdTVにて8月18日0時より配信

ファン歓喜! - 小栗旬