実質的なカンボジア代表監督就任に驚き「てことは豪州でプレーしながら?」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に日本代表として出場したMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)がカンボジア代表の実質的な監督兼GMに就任することが発表された。現役選手として異例の挑戦を海外メディアが速報すると、アジアを中心としたファンは「WHAT!?」の大合唱となっている。

 型にはまらない男の挑戦に驚きが広がっている。アジアに拠点を置く「FOXスポーツアジア」公式インスタグラムは「速報:本田圭佑がカンボジア代表の新ヘッドコーチ兼GMに就任」と題し、1枚の画像を公開した。会見の場で引き締まった表情を浮かべる本田。黒のスーツにネクタイをビシッと決めている。この場で驚きのニュースが発表された。

 海外ファンも一様に驚いている。「WHAT!?」の声が相次ぎ、「ワーオ」「この決断は何?」「eコーチだ」「えっ? 本当に?」「成功を祈るよ、本田!」「てことはオーストラリアリーグでプレーしながらコーチするの?」「すごい!」「なんだってー」などの声が続々。「インドネシア戦が待ち遠しい」と母国との対戦を待ち望む声もあった。

 今後は遠隔でミーティングなどに参加し、チームに参画する見込み。異例の挑戦は世界から大きな注目を浴びそうだ。(THE ANSWER編集部)

本田圭佑【写真:Getty Images】