テラスハウス軽井沢編に出演したモデルの小室安未が、8月18日に放送されるドラマ『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018』(フジテレビ系)で女優デビューを果たすことが決まった。

【大きい画像を見る】テラハ出演の小室安未、『ほん怖』出演が決定



 小室は、「テラスハウス 軽井沢編」(フジテレビ系)で、毒舌なヒロインとして話題に。instagramのフォロワーも18万人(8月9日現在)を超えるブレイクを果たした。番組を卒業後には、5月にGirlsAwardでモデルとしてランウェイデビューをするなど、活躍の幅を広げている。小室は今回、『ほん怖』で「姿見」篇に出演し、大沢怜奈を演じる。葵わかな演じる主人公・近藤萌絵がファミレスのバイト先で仲良くなった同僚から姿見をプレゼントされたが、ある夜に異変が起きるという、「ほん怖」らしい冷気漂うストーリーだ。

 『ほん怖』収録にあたり、小室は「お芝居の経験がないので、はじめは緊張でやばかったです。台詞をきちんと言えるか、他の演者さんに迷惑を掛けないかネガティブなことばかり思い浮かんでました」と不安を隠せな い様子。しかし、撮影を通して、「台詞をただ発するのではなく、演技だけれども本当に「大沢怜奈」という人物になりきってコミュニケーションしているかのように感じた」と手応えを感じている様子を見せた。さらに、「今回演じた役がいつもの自分とは異なるタイプだったので、自分でイメージしてるテンションで演じることを心掛けました」と役を演じるにあたって心がけたことを明かした。

 そして、女優として今後の意気込みについては、「初にして、名前があり台詞もある役をいただいた奇跡を、きちんと次のステップに活かせるように、これからも頑張ります」とコメントしている。小室の出演する『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018』(フジテレビ系)は、8月18日よる9時から放送。【ほかの画像を見る】テラハ出演の小室安未、『ほん怖』出演が決定
テラハ出演の小室安未、『ほん怖』出演が決定