12日、小倉競馬場で行われた新馬戦(2歳・芝1200m・10頭)は、先手を取った幸英明騎手騎乗の1番人気タムロドリーム(牝2、栗東・西園正都厩舎)が、そのままゴールまで粘り切り、直線で猛然と差を詰めてきた5番人気タマモメイトウ(牡2、栗東・藤岡健一厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分9秒2(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に4番人気イメル(牡2、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、3番人気モズリスペクト(牡2、栗東・飯田祐史厩舎)は4着、2番人気ゼッケイ(牡2、栗東・西村真幸厩舎)は5着に終わった。

 勝ったタムロドリームは、父ジャスタウェイ、母タムロウイング、その父ブラックホークという血統。