ソフトボール女子の世界選手権は12日、千葉・ゾゾマリンスタジアムで3位決定戦を行い、日本がカナダを3-0で降して同日午後7時からの決勝に駒を進めた。決勝は7大会連続で米国と日本の顔合わせ。米国は2020年東京五輪に開催国枠で出場する日本を除いて最上位となることが確定し、同五輪の出場権を獲得した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

【日本-カナダ】試合後、カナダの選手たちとハイタッチする日本代表の選手たち=ZOZOマリンスタジアムで2018年8月12日、玉城達郎撮影