○二松学舎大付(東東京)5-2広陵(広島)●(12日・阪神甲子園球場、2回戦)二松学舎大付の保川が3打点で4番らしい勝負強さを見せた。東東京大会では責任感から気負ったスイングもあったが、甲子園では「シンプルにつなぐ」と意識を変えたのが奏功した。「広陵は去年準優勝なので、うれしさ倍増」と喜んだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら