(C)Billion Photos / Shutterstock

「初心者でも簡単に稼げる!」「初期費用一切不要」――SNS上や求人サイトでこんな書き込みを見たことはないだろうか。

【関連】「オレオレ」より流行しているハガキを使った詐欺手口 ほか

最近、女性をターゲットに副業を斡旋する詐欺広告が急増しており、大きな社会問題になっている。

「『メールレディー詐欺』と呼ばれています。最近、主婦向けに“在宅で気軽にアルバイトができる”という触れ込みの求人広告が増えているのですが、中には悪質な詐欺業者も多数含まれており、被害が急増しているのです。男性にメールを送るだけで、1通ごとに数十円の報酬が得られると言いながら、実際にメールを送るために事前にポイントを購入させられたり、報酬を受け取るときに手数料を請求するなどの手口で、気が付いたら数十万円を払い込んでしまった被害女性もいます」(ITジャーナリスト)

都内に住む主婦のSさん(36歳)は、求人サイトの広告を見てメールレディーに応募したが、最終的に詐欺被害に遭ってしまった。そのサイトでは登録するだけでお祝い金が5000円もらえるとあり、Sさんは、もし稼げなくてもちょっとした小遣いになると思い、気軽に登録してしまったという。しかし、その後、何通メールを送っても一向に報酬が振り込まれることはなく、疑問に思って問い合わせたところ「1万円の本登録をすれば、今までの報酬10万円を払う」と言われ、何の疑問も持たずに言われるまま振り込んでしまった。結局、その後も何かにつけて金銭を要求され、気が付いたときは10万円以上を振り込んでいたという。

 

騙される女性が急増中!「メールレディ―詐欺」に気を付けて

かつてのホスト詐欺とまったく同じ手口

「さらに悪質なケースでは『メールを送った相手があなたのことを気に入っている。話し相手をするだけで数万円の報酬を払うと言っているがどうか?』などと、甘い言葉で女性を勧誘し、仲介料を請求するなどの手口で、数十万円をむしり取る業者もいます。1回1回の請求額は少額なのですが、それが何度も続き、女性も“ここでやめるわけにはいかない”という心理になってしまうのです」(同・ジャーナリスト)

かつて「ホスト登録をすれば、遊びたがっている女性を紹介する」という触れ込みで、男性から高額の登録料などを振り込ませる詐欺が横行したが、メールレディー詐欺もまったく同じパターンとなっている。

在宅で気軽に稼げるのは魅力的だが、事前に金を振り込ませようとする業者は危ない。甘い言葉にはくれぐれも騙されないようにしてほしい。

 

(C)Billion Photos / Shutterstock