ライダーなら誰もが一度は見たことがあるだろうバイク用革ジャン。年々も着続けて自分に馴染んでいる年代モノや、パリっとスリムに決めている新しいライダースなど、革ジャンには色々かっこいい一面があります。

今回は老舗革ジャンメーカー「KADOYA」に行ってみました!

カドヤは1935年創業の革ジャンメーカー。今まで数々のライダースを作り続け、様々なライダーから愛されている歴史深いメーカーです。店舗の雰囲気もシブさ全開!

カドヤの革ジャンはどれも全てバイクで使える設計。ここまで沢山の種類の革ジャンが並んでいるとなんかすごい迫力です。その時代にあわせ、常に革新し続けたメーカーだからこそ今まで見たことがなかったような斬新な革ジャンも。

一見マウンテンパーカーですが実はレザー。みんなが知ってるあの革ジャンのイメージが変わろうとしているんです

革ジャンって正直ゴツすぎだろ!と思う方もいると思います。あとメンテが大変そう、柔らかくなるまで時間かかりそう、とか。

しかし実は基本的にノーメンテでも着れちゃうのがカドヤの革ジャン。もちろん永久にノーメンテというわけではありませんが、普通の人から見た革ジャンのイメージとは違い、少しづつ親しみやすいウェアになってるんです。

こちらは固めのモデルですが、机に乗せたらなんと自立してました。こういうのを長年時間をかけて自分仕様に育てていくのも魅力の一つですが、もっと気軽に着れるシリーズもあります。

こちらのATLASはバイクだけじゃなく、街中でも着れるレベルでファッション方向にも振ったモデル。しかも値段もかなり安めの設定。革ジャンって普通10万超えは当たり前のイメージでしたが、このモデルは税抜き5万円

かといって性能や品質を犠牲にしているわけではなく、肩肘背中にパッド装備可能。ライダーに負担が少ないよう、どんなポジションでもフィットしやすいように設計されています。内側はメッシュ素材で快適性も抜群。

冬は冷たい、夏は蒸れる、という革ジャンの時代はもう変わり始めています!

もっとライトに着られるジャンルの革ジャンは他にも何種類かあります。今後もっと増やしていく予定だとか。革ジャン着てみたかったけど、高いな〜と思う方も、まずは入り口としても選びやすいこのモデル。

バイクでも使えて街でも着れる、という一着二役を実現しているんです!

革ジャンに興味がある方なら是非一度は行って欲しいお店です。僕も実際に何着か試着しましたが、今までのイメージとかけ離れすぎて衝撃でした。さらに革ジャン以外にもおしゃれなTシャツもあります!

東京、仙台、名古屋、大阪、福岡と全国展開しているので、一度見てみるだけでもおすすめのメーカーです!

【店舗情報】
KADOYA 東京本店
東京都台東区西浅草3-29-21
KADOYA 公式ページ

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


カジュアルなバイク用リュック「KNOX ラックサック」を一ヶ月間ガチで手荒く使ってみた


【閉鎖寸前?】東京のライダーススポットになっている公園はどう思ってるのか聞いてみた

「革ジャン」は渋いけど新しい? 老舗メーカー「KADOYA」に行ったらライダースに新しい風が吹いていた!(http://clicccar.com/2018/08/12/606613/)