レアルから実力者クルトワを獲得し、ナバスとの熾烈なポジション争いが勃発

 レアル・マドリードはプレミアリーグの移籍市場期限直前にチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワの獲得に成功した。世界ナンバーワン守護神となりつつあるクルトワの加入は大きい一方で、問題となるのはここ数年レギュラーを務めたコスタリカ代表GKケイラー・ナバスとの関係だ。開幕前最後のプレシーズンマッチ後、今季から就任したフレン・ロペテギ監督は競争させる方針だとスペイン紙「マルカ」が報じている。

 レアルは現地時間11日に恒例のサンチャゴ・ベルナベウ杯でACミランと対戦し、3-1と勝利。元フランス代表FWカリム・ベンゼマとウェールズ代表FWギャレス・ベイルという2枚看板がともにゴールを決め、契約更新を果たしたクロアチア代表MFルカ・モドリッチも後半途中からピッチに立つなど、マドリディスタとしては期待の膨らむ内容となった。それと同時に、ゴールマウスに立った背番号1にも注目が集まった。

 先発したナバスは後半33分までプレー。前半4分にアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの一撃で1失点こそ喫したものの、これ以外は相変わらずの俊敏な反応で相手の攻撃を防いだ。この内容を見て、ロペテギ監督としては確信したようだ。

「ナバスとクルトワについてだが、問題となることはない。私は彼らが二つの素晴らしいソリューションとなってくれると見ている。我々はポジション争いの偉大な競争があり、それはチームにとって利益になることだ」


ナバスは「闘えることを証明した」

 試合後会見でこのように語った指揮官だが、「質の高い選手がプレーしない時、それは常に話題となるものだからね」と今後注目を浴びることは仕方ないと示唆している。同紙はナバスのプレーぶりについて、「クルトワ到着後も彼のポジションを守るために闘えることを証明した」と評価している。

 ブラジル・ワールドカップ(W杯)で母国をベスト8に導き、UEFAチャンピオンズリーグ三連覇に一役買ったナバスと、ロシアW杯で一躍株を挙げたクルトワ。史上最高レベルとも言える正守護神争いは、今後も何かと報じられることになりそうだ。


(Football ZONE web編集部)

GKクルトワ(左)、GKナバス(右)【写真:Getty Images】