▽バルセロナは、今夏の補強を締め切っていないようだ。獲得を狙っているとされる候補者4名を、スペイン『マルカ』が報じた。

▽バルセロナには今夏、4選手が完全移籍で入団。早々にセビージャからDFクレマン・ラングレ(23)を獲得すると、グレミオからMFアルトゥール(21)、一悶着を起こしつつボルドーからFWマウコム(21)を補強。さらに、実力の計算できるMFアルトゥーロ・ビダル(31)をバイエルンから買い取った。

▽エルネスト・バルベルデ監督の下、堅実かつ充実した補強を行ったバルセロナ。しかし、『マルカ』によると、強化担当に就任したエリック・アビダル氏が更なる取引に動いているそうで、4名の選手が具体的な候補として挙げられている。

◆MFアドリアン・ラビオ(23)/パリ・サンジェルマン
Getty Images
昨季成績:公式戦50試合5ゴール7アシスト
推定市場価格:5000万ユーロ(約63億円)
▽真っ先に挙げられているのが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオだ。同選手のオペレーションは非常に困難を極めるだろうと推測されているが、バルセロナにも幾筋かの光明が残されている。それは、PSGとの現行契約が残り1年となっている点だ。

▽PSG側は、バルセロナからの誘いを振り払うために高額設定の新契約を考慮している。とはいえ、ラビオ側が移籍を望み契約更新を拒否すれば、半年後には直接交渉が可能に。さらに、1年後にゼロ円で移籍する可能性が高まる。そのため、選手当人が移籍を希望するか否か、バルセロナがどの時期に本腰を入れて契約に動くかが焦点となるだろう。

◆MFフレンキー・デ・ヨング(21)/アヤックス
Getty Images
昨季成績:公式戦26試合1ゴール9アシスト
推定市場価格:700万ユーロ(約8億9000万円)
▽また、アヤックスの超有望株、オランダ人MFフレンキー・デ・ヨングも待望されている。アヤックスは同選手の放出に消極的な姿勢を示している。しかし、アヤックスが現在参加中のチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフで敗退するようなことがあれば、F・デ・ヨングとの交渉がオープンになる模様。バルセロナ側は獲得の選択肢を排除しておらず、潜在的な可能性が残されているようだ。

◆MFチアゴ・アルカンタラ(27)/バイエルン
Getty Images
昨季成績:公式戦32試合7ゴール4アシスト
推定市場価格:6000万ユーロ(約76億円)
▽バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの復帰も、引き続き噂されている。バルセロナのカンテラ組の中でもラ・マシア(選手寮)出身と、同クラブのDNAを色濃く受け継ぐ同選手に関して、チームにフィットできるかどうかは議論されていない。

▽チアゴに関しては、当人がバイエルンからの退団を望んでいるともされており、クラブ側も交渉の席に着く意向であると伝えられているが、要求される移籍金7000万ユーロ(約89億円)がネックとなっている。また、宿敵レアル・マドリー行きも報じられており、バルセロナはイニシアチブを取ることができていない。

◆MFミラレム・ピャニッチ(28)/ユベントス
Getty Images
昨季成績:公式戦44試合7ゴール14アシスト
推定市場価格:6500万ユーロ(約82億円)
▽また、第4の選択肢として、ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが挙げられている。ピャニッチには、バルセロナのスポーツスタッフの間でかなり高い評価が下されているとのこと。しかし、ユベントスは移籍金8000万ユーロ(約101億円)を要求しており、バルセロナ側にこれを受け入れる用意はないようだ。
サムネイル画像