音響機器を手がけるディーアンドエムホールディングス(神奈川県川崎市)は、「マランツ」ブランドから、ネットワークオーディオプレーヤー「NA6006」を2018年8月中旬に発売する。

上位モデル直系の回路設計

対応スピーカーなどをまとめて操作し、複数の機器で同じ楽曲を再生、またそれぞれの機器で別の楽曲を再生できる「マルチルーム再生」が可能なアップルの新規格「AirPlay 2」にファームウェアアップデートで対応するという。

加えてデノンが提案するワイヤレスオーディオ「HEOSテクノロジー」も搭載し、「Amazon Prime Music」「AWA」「Spotify」などの音楽ストリーミングサービスにも対応する。

デジタル・アナログ変換回路やアナログオーディオ回路は、上位モデル「ND8006」直系の回路設計技術、厳選されたパーツを投入した。ボリューム可変出力や3段階のゲイン切り替えが可能なヘッドホンアンプ、2.4GHz/5GHzのデュアルバンドWi-Fi、日本語対応の有機ELディスプレーなどを搭載する。

設定や操作は「HEOS」アプリで行える。複数の「HEOS」スピーカーをシステムに追加することで、ワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築可能だ。

パソコンやNAS(ネットワーク・ストレージ)などのミュージックサーバー、USBメモリーからのファイル再生はDSD 5.6MHz、PCM 192kHz/24bit(WAV/FLAC/ALAC)のCDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」の再生に対応。そのほかインターネットラジオやBluetoothなど、多彩な音楽コンテンツを楽しめる。

リモコンが付属。カラーはシルバーゴールド。

価格は7万5000円(税別)。<J-CASTトレンド>

多彩な音楽コンテンツをこれ1台で