180812apple_eye

時価総額1兆円を越えたアップルには、バフェットもハーバード大学も投資しています。売上はほぼiPhoneに依存していますが、これを脅かす製品は出るでしょうか?(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

アップルのビジネスはほぼiPhoneに依存。もしそれが崩れたら?

売上の62%がiPhone

現在、ウォーレン・バフェットハーバード大学も、アップルに最も資金を割り当てています。アップルはとても強いワイドモートを持っています。そして、そのワイドモートはスティーブ・ジョブズ氏が作ったiPhoneによって支えられていると言っても過言でありません。

2017年度のアニュアルレポートを確認すると、全体の年間売上高(2017年度)は2,293億3400万ドルでした。iPhoneのみの売上高に限定すると、1,413億1,900万ドルです。iPhoneが売上高全体を占める割合は62%に達しています。

<アップルの地域別、製品別売上高及び製品別販売台数>

180812apple_1
(単位)
・地域別売上高、製品別売上高=100万ドル
・製品別販売台数=1,000台

<iPhoneの売上高全体を占める割合>

180812apple_2

iPhoneは1年で2億1,675万台も売れています。iPadの4,375万台、Macの1,925万台がとても小さく見える程、iPhoneの販売台数は他の製品を圧倒しています。アップルのビジネスはほぼiPhoneに依存しているのです。

ちなみに、Apple Watchの販売台数についてはアニュアルレポートには記載がありませんでした(Apple Watchはまだ育成中であり、これからの製品です)。

iPhoneに代わる製品はどんなものになるのか?

アップルへの投資にもしリスクがあるとすれば、iPhoneに代わる製品が出現した時です。それでは、一体、iPhoneに代わる製品とはどんな製品になるのでしょうか?

おそらく「汎用ハードウェア」になることは間違いないでしょう。元々、iPhoneが支持を得ているのは、iPhone1つで様々な製品に化けることができる点です。

iPhoneはある時には携帯電話になり、ある時はビデオカメラになり、ある時は携帯ゲーム機になる。他にもカーナビ、目覚まし時計、キッチンタイマー等など挙げていくとキリがない程、様々な製品に変化するものです。その仕組みを可能にしたのが「汎用ハードウェア」という発想でした。

当メルマガの前号では電卓を例えにして、下記のような図でそのイメージを表現しました。この発想は重要なので、再掲します。

<電卓「専用機」>

180812apple_3

<スマートフォン上の電卓>

180812apple_4

ハードウェアを汎用的に使えるようにしたことで、iPhoneは「ドラえもんの四次元ポケット」のような存在になったのです。iPhoneの代わりになる製品もこのドラえもんの四次元ポケットを超えるものにならなければ、ユーザーからの支持は得られないと思われます。

1 2 3 4 5