先発・松本は6回に連打と押し出し四球で2失点「ばてたかな」

■ソフトバンク 11-5 日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが12日、本拠地での日本ハム戦に本塁打攻勢で快勝し、勝率を5割に戻した。援護点に恵まれた先発・松本裕樹投手が今季初白星を挙げた。

 いきなり1点を追う展開となったソフトバンクは、1回裏に柳田悠岐の豪快な2ランで逆転すると、3回以降も打線が爆発。先発全員の13安打に加え、7月16日西武戦の1試合8本塁打に次ぐ6本塁打で11点を挙げ、日本ハムを圧倒した。

 試合後の工藤公康監督が「あれが非常に大きかった」と語ったのが、口火となった柳田の逆転弾だ。「逆方向のホームランが出るということは上向きなんじゃないかな。あのホームランがいいきっかけになると思います」と話した指揮官は、先発全員安打についても「調子を上げてほしいバッターが打ったのも良かったですね」とご機嫌だ。

 先発の松本は、初回にアルシアにソロ本塁打を許したが、それ以降は走者を出しながらも粘りの投球。その中で指揮官が認めたのが2回表のピッチングだ。

「ランナーを出しながらも抑えてくれた。あれが同点になっていたら(試合展開は)違っていたと思います。味方が点を取った次のイニングを抑えられたのは大きい」

 一方で、6回に100球を超えると連打と押し出し四球で2失点。6回を投げ切ることができずにマウンドを降りた。「ばてたかな。でも、そういう時でも投げないといけないことはある。彼は元々器用なので、ちょっとした工夫でマウンドでの姿も変わってくると思います。その辺は試合中にアドバイスしました。また次に向けていい調整をしてくれたら」と期待を込めた。

 3連戦でのカード勝ち越しは、7月16日からの西武戦以来、およそ1か月ぶり。14日から始まる楽天とのホーム3連戦ではしっかりと貯金をしたいところだ。工藤監督は「今日のような試合は勢いがついてくる。また明後日からしっかり戦えるように」と気を引き締め直した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】