ヤクルトは1点を先制された直後の九回、バレンティンが逆転2ラン。さらに2死満塁で坂口が押し出し四球を選んだ。石川が七回まで一人も走者を出さない好投。中日は八回に平田の犠飛で先制したが、鈴木博の乱調が痛かった。