『銀幕の果てに』(トレンドシェア) 著者:つかこうへい


原子炉と撮影所絡め、神に挑む深い業描く

高速増殖炉「もんじゅ」「ふげん」――この名前は、文殊菩薩、普賢菩薩からきている。人類の最高の叡智(えいち)を集めた原子炉に、人は仏の名前をつけたのだ。あやかりたい、という謙虚な気持ちももちろんあるだろう。が、いっぽうで、自らの手で神にも仏にも匹敵するものを生み出したという傲慢(ごうまん)な思いが、見え隠れするネーミングでもある。

「こりゃ、人間、来るところまで来たな」という思いが、おそらくはこの小説の出発点だ。核を手にした人間や国家が、これまで何をしでかし、またこれから何をしようとしているのか。話のスケールは大きく、最終的には、人間と仏との戦いにまで広がってゆく。

核の問題を縦糸とするならば、横糸には、往年のスター野火止玲子をめぐる撮影所の物語が絡む。こちらは、撮影中におこった殺人事件を解明してゆくミステリー仕立てだ。撮影現場の厳しさや、女優の性(さが)といったものが、生き生きと、またユーモラスに描かれている。

一見なんの関(かか)わりもないような縦糸と横糸だが、斜陽産業となった映画の広大な撮影所に、ひそかに原発が造られている、という奇抜な設定が、この複雑な物語を可能にした。

はじめは、強引な設定だなあと思うのだが、読みすすめてゆくうちに、この二つの話が、作者のなかでは同じ種類の、そして同じ重みのものなのだ、と感じられてくる。

「女優さんってのは、オレたちよりも神様に一歩近いってことかな……」

「役者ってのはその神に挑む、業の深さを持っている人間のことなんだろうよ」

こういった言葉がたぶん、ヒントになる。非常に現実的な核の世界と、ある意味では非現実的な銀幕の世界と。しかし両者はともに、業の深い人間の神への挑戦の物語なのだ。そして作者は、もし、人間が神を超えることがあるとしたら、核という科学によってではない、と考えているようだ。

「原発の炉心に燃える青白い炎よりも、スクリーンの向こうには、もっと激しい炎がある」という、帯にある著者の言葉が印象深い。

【この書評が収録されている書籍】

『本をよむ日曜日』(河出書房新社) 著者:俵 万智



【初出メディア】
朝日新聞 1994年4月3日

【書誌情報】

銀幕の果てに

著者:つかこうへい
出版社:トレンドシェア
装丁:単行本(0ページ)
発売日:2010-07-29
ISBN:4905090229
銀幕の果てに / つかこうへい
原子炉と撮影所絡め、神に挑む深い業描く