第100回全国高校野球選手権記念大会は第8日の12日、阪神甲子園球場で2回戦4試合。第3試合は、済美(愛媛)が逆転サヨナラ満塁本塁打で、星稜(石川)との延長タイブレークを13-11で制し、3回戦に進んだ。先発の山口直は184球を投げ抜いた。星稜も十三回に2点を勝ち越したが、及ばなかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら