12日、札幌競馬場で行われたエルムS(3歳上・GIII・ダ1700m)は、好位でレースを進めた横山和生騎手騎乗の2番人気ハイランドピーク(牡4、美浦・土田稔厩舎)が、3〜4コーナーで前に並びかけて直線抜け出し、逃げ粘った3番人気ドリームキラリ(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分42秒0(重)。

 さらに2馬身差の3着に1番人気ミツバ(牡6、栗東・加用正厩舎)が入った。

 勝ったハイランドピークは、父トーセンブライト、母ハイランドダンス、その父ゼンノロブロイという血統で、これが重賞初制覇。鞍上の横山和生騎手にとっても初の重賞制覇、また父トーセンブライトにとっても産駒のJRA重賞初勝利となった。