12日に行われている横浜DeNA対阪神17回戦、その初回、阪神・糸井が横浜DeNA先発の今永から14号の先制2ランを放った。


 2死から福留がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く糸井が今永の投じた2球目、144kmのストレートを上手くすくい上げてライトスタンドへ運んだ。

 11日の試合でも、横浜DeNA先発・浜口から2回に梅野が5号2ランを放つなど、一発攻勢で試合を優位に進めている阪神。連夜の先制弾に阪神の金本監督は満面の笑みで糸井を出迎えた。


 一方、横浜DeNA先発の今永は試合前、「先制点を与えない粘りのピッチングを。初回から四隅を狙わず、大胆に攻めていきたい」と話していたが、早々に先制点を許す苦しい立ち上がりとなった。

(C)AbemaTV


【無料動画】見事な一撃! 超人糸井の14号先制2ラン!