○二松学舎大付(東東京)5-2広陵(広島)●(12日・阪神甲子園球場、2回戦)リリーフで登板した背番号1が、テンポの良い投球で流れを引き戻した。1点差に迫られた四回2死満塁。2番手でマウンドに向かう二松学舎大付の岸川の表情は気迫にあふれていた。広陵・吉岡を三ゴロに打ち取り、ピンチを切り抜けた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら