徳島の夏を彩る阿波踊りが12日、徳島市で開幕した。市中心部は15日までの4日間、踊りの熱気に包まれる。期間中には延べ約800以上の「連」と呼ばれる踊りグループが繰り出し、演舞場や街角で踊り込む。徳島市役所前で開幕が宣言されると、踊り手たちは笛やかねなどの音に合わせてかけ声を上げ、踊りを披露した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら