1点を追う2回に一挙7得点を奪い逆転に成功

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第8日、第4試合は高知商(高知)が序盤の大量リードを守り慶応(北神奈川)に12-6で勝利した。

 高知商は初回に2番・西村のタイムリー三塁打で先制すると、1点を追う2回に1死二、三塁から1番・前田の投ゴロを慶応の生井が悪送球し同点に追いつく。さらに2番・西村の2点タイムリーで勝ち越しに成功すると相手のエラーも絡みこの回一挙7点を奪い逆転に成功した。

 4回には1死満塁から7番・藤田が中前2点タイムリー、8番・北代の中犠飛、9番・浜田の右前適時打で4点を追加しリードを広げる。慶応は5回に3番・下山が右翼席へ2ランを放ち、9回も2点を返すなど粘りを見せたが序盤の失点が響いた。(Full-Count編集部)

8日、第4試合は高知商が慶応を下す