安倍晋三首相は12日、山口県下関市で講演し、「憲法に自衛隊を明記することで私は責任を果たしていく」と述べ、憲法9条改正に取り組む決意を表明した。また、「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう、取りまとめを加速すべきだ」とも語った。9月の党総裁選で、憲法改正を主要な争点とする考えだ。

 首相は、西日本豪雨で自衛隊が行方不明者の捜索や被災者支援に当たったことを紹介し、「黙々と献身的に任務を全うする彼らは日本国民の誇りだ」と述べ、自衛隊違憲論を批判した。