12日の大井競馬第5R(ダ1200m・12頭)は、先手を取った的場文男騎手騎乗の1番人気シルヴェーヌ(牝3、大井・櫻木英喜厩舎)が、直線で後続を突き放し、最後は2着のヤマショウバトル(牡3、大井・堀千亜樹厩舎)に3.1/2馬身差をつけ圧勝。勝ちタイムは1:15.6(稍重)。同馬はこれが初出走だった。同騎手はこれにより地方競馬通算7152勝目となり、ついに“鉄人”佐々木竹見元騎手の記録が更新された。

 更新が近づくにつれ、大井競馬場への発光型カウントボード「マトメーター」の設置、特設サイトのオープン、オリジナルミニ四駆の発売が決定するなど、大きな注目を集めていた的場騎手の勝利数。6月には川崎競馬場で落馬、救急搬送されるなどのアクシデントもあったが、3週間ほどで復帰。そこからまたハイペースで勝利を重ねてきた。

 的場文男騎手は1956年9月7日生まれ、福岡県出身。1973年10月16日・大井競馬第5Rでデビュー(ホシミヤマ)し、同年11月6日・大井競馬第4Rで初勝利(ホシミヤマ)。中央競馬でも4勝しているほか、海外でも2013年に韓国・ソウル競馬場で行われたTCKと韓国の交流競走・ESPN杯をトーセンアーチャー(大井・橋本和馬厩舎)で勝利している。受賞歴はNARグランプリ最優秀騎手賞を2003年、同特別賞を1999年、日本プロスポーツ大賞功労賞を1999年など。勝負服のデザインは「赤、胴白星散らし」。“大井の帝王”と称され、騎手の通算勝利数の世界ランキングでも9位に位置し、“エンペラー・オブ・オオイ”の名は世界にも轟いている。

 主な大レースの勝利としては、帝王賞をハシルショウグン(1993年)・コンサートボーイ(1997年)・ボンネビルレコード(2007年)で、東京大賞典をカウンテスアップ(1986年)で制している。また、昨年末の東京シンデレラマイルでは自身が持つ地方競馬最高齢重賞勝利記録を61歳3か月に更新した。

 東京ダービーには37回挑戦し、8番人気クリスタルシルバーに騎乗した今年を含め、10回の2着があるものの、未だに勝利がない。今年行われたNARグランプリ2017の表彰式(殊勲騎手賞を受賞)では、ダービー勝利について「ほとんど諦めているんですけど(笑)。チャンスがあれば、夢はあるので実現したいなと思います」と語っていた。“鉄人超え”を成し遂げ、今後はこちらの悲願達成も待たれる。