安倍晋三首相は12日、山口県下関市で講演し、憲法改正について「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう、とりまとめを加速すべきだ」と述べ、秋に予定される臨時国会で改憲論議が深まることに期待を表明した。そのうえで「改正には極めて高いハードルを乗り越える必要がある。政治は結果だ」と指摘した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

安倍晋三首相=長谷川直亮撮影