○済美(愛媛)13-11星稜(石川)●(12日・阪神甲子園球場、2回戦)星稜の竹谷は両足に力が入らない中で九回1死一、二塁で外角低めスライダーを中前に運ぶ適時打。後続も奮起し、試合を振り出しに戻したがその後、逆転された。「それでも追いつく星稜の底力は見せられた」。力を出し切った主将に涙はなかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

【星稜-済美】一回表星稜1死一、三塁、竹谷が右中間2点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月12日、平川義之撮影