○済美(愛媛)13-11星稜(石川)●(12日・阪神甲子園球場、2回戦)済美のエース山口直が痛みに耐えて184球を投げ抜いた。八回の打席で右膝に死球を受けたが「マウンドを降りたくなかった」。特にギアを入れたのが延長戦。「1点も与えたくなかった」と気迫のこもった投球で十二回には143キロを計測した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

【星稜-済美】力投する済美の先発・山口直=阪神甲子園球場で2018年8月12日、津村豊和撮影