12日に行われた横浜DeNA対阪神17回戦は、12対5で横浜DeNAが勝利。7回2/3、134球の熱投を見せた先発・今永が、打線の援護もあり今季3勝目(6敗)を挙げた。


 久しぶりの快勝にチームが沸く中、試合後に報道陣の取材に応じたラミレス監督は、2回に右足に死球を受けた神里の状態に言及。「明日、医者に診てもらうことになるが、現時点で走れないということなので、抹消することにしました」と説明した。

(C)AbemaTV


【無料動画】横浜DeNAの強力打線が爆発! 7月24日以来の筒香23号&ソト19号場外弾!