8月12日の対阪神17回戦に12対5で勝利し、連敗を3で止めた横浜DeNA。この日も先発の今永昇太投手(24)が初回に先制点を奪われる苦しい立ち上がりとなったが、その後打線が17安打12得点と大爆発。援護をもらった今永は立ち直り、7回2/3で134球を投げて自責点5と粘りのピッチング。リリーフ陣の負担を少しでも減らそうという気持ちが伝わる力投を披露した。


 6番のソトから9番の嶺井まで、今永も含めて全員がマルチヒットを記録する下位打線の活躍に、横浜DeNAのアレックス・ラミレス監督は「非常に良かった」と目を細めた。さらに苦手の阪神に対して横浜スタジアムでようやく勝利したことについては、「本当に阪神はタフな相手。今後もこういった試合を続けていきたい」とシーズン終盤での巻き返しに意欲を見せた。インタビューの全文は以下の通り。


――終盤に少しもつれた感じはありますが、終わってみれば「ナイスゲーム!」と言ってもいいでしょうか?


 いい試合だったと思いますね。やはり阪神を倒すというのは非常にタフなことだと思います。阪神も決して諦めることなく戦い続けていましたので、それに勝てたということで非常にいい試合でした。


――打線の中では下位打線が大活躍だったと思うのですが、いかがですか?


 下位打線でこれだけ得点できるというのはあまり多くの人が思っていなかった結果かもしれません。特に嶺井が本当に久しぶりに打点を挙げてくれましたし、大和もヒットを量産して、そして今永も2本ヒットを打つことができました。非常に良かったと思います。


――その今永投手ですが、先制点は許しましたけれども、ピッチング自体は久しぶりに「今永らしい」ピッチングが見られたのではないでしょうか?


 私もそういうふうに思います。今日は130球以上も投げましたけどフォアボールは出しませんでしたし、向こうの主軸にホームランは打たれましたが、それは起こり得ることなので。今日は非常によくやってくれました。


――本拠地横浜スタジアムで、タフなタイガース相手に2勝目ということになりました。


 ベリータフ! 本当にタイガースはタフな相手ですけれども、横浜スタジアムでの阪神戦はこれからもあるので、今後もこんな試合を続けていきたい思います。


――ひとつでも上の順位を目指して頑張ってください!


 (日本語で)ガンバリマス! アリガトウゴザイマス!

(C)AbemaTV


【無料動画】横浜DeNAの強力打線が爆発! 7月24日以来の筒香23号&ソト19号場外弾!