競泳 パンパシフィック選手権(12日)世界記録保持者でありながらも勝負どころでその力を発揮できなかった渡辺が、ついに主要国際大会で初の金メダルを獲得した。「周りを気にせず自分のレースに集中した」。最後は必死に腕を伸ばしスタブレティクック(オーストラリア)との競り合いを制した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

男子200メートル平泳ぎ決勝を制した渡辺一平=東京辰巳国際水泳場で2018年8月12日、藤井達也撮影