フィリピンで開催されるミス・ユニバース世界大会にオーストラリア代表として参加する中国系オーストラリア人のFrancesca Hungさんがこのほど、決戦前に見事なプロポーションを保つ秘訣を明かした。世界大会に向けてより良い効果を出すために、とりわけ腹部の縦の腹筋ラインに注意を払っているという。オーストラリア華字紙「澳洲網」の報道を引用して中国新聞網が伝えた。

その他の写真

今年24歳になる中国人とオーストラリア人の両親を持つハーフのHungさんは、11月に開催されるミス・ユニバース世界大会でのビキニ審査で、より素晴らしいプロポーションを披露するために、腹部に縦状に腹筋ラインをつけるトレーニングに励んでいる。
「私は今、ABライン(肋骨の間にある、胸部と腹部を貫通するライン)を主に鍛えている。ビキニ姿で大会の舞台に立つと、このラインが非常に目立つから」と話す。
「このラインを作るために、毎朝、強度インターバルトレーニング(HIIT)を行い、その後、野菜ジュースとブラックコーヒーを飲んでいる。ランチも、チキンやツナと野菜など、あっさりしたものを摂るようにしている。おやつには、果物や少量のナッツを選ぶようにしている。夕食は、スープや野菜炒めなどの消化しやすい食べ物ね」と続けた。
今年のミス・ユニバース世界大会は、フィリピンで11月26日に開催される。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

ミス・ユニバース世界大会にオーストラリア代表として参加する中国系オーストラリア人のFrancesca Hungさんがこのほど、決戦前に見事なプロポーションを保つ秘訣を明かした。写真は2016年のミス・ユニバース中国大会。