ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・日本人男性が北朝鮮で拘束される
・南浦の軍事施設を撮影しスパイ容疑
・ユーチューバーじゃないかと疑惑が浮上

南浦の軍事施設

北朝鮮で日本人男性がスパイ容疑で拘束されたという情報が入った。日本人男性は自称映像クリエイターで、ツアーで北朝鮮に行きスパイ容疑で拘束されたという。

北朝鮮は中国経由で行くことが可能で、普通にツアーする分には比較的安全。しかし今回何故男性は拘束されたのか?

それは映してはいけない物や場所を映したか、入っては行けない場所へ侵入したなど勝手な行動を取りスパイと疑われたようだ。

今回拘束された日本人男性は「自称映像クリエイター」と書かれていることからネット上ではユーチューバーではないかと憶測が挙がっているが、世界中の映像を集めてまわる職業も多くいるのも事実。

一部では特定のユーチューバーの名を挙げて「こいつではないか」と書かれているが、実はそのユーチューバーは拘束の報道後も動画を編集してYouTubeに公開している。

確かに過去に北朝鮮に行ってはいたが、ツアーでの撮影は可能。北朝鮮は同行者付きの許可された箇所なら撮影ができる。どのテレビやYouTubeの映像を見ても、似たような街並みしかないのは、映してはいけないハリボテ部分を見せないためだ。

・2016年にアメリカ人も拘束

2016年にホテルのポスターを盗もうとしたアメリカ人男性ワームビアさんも、同様にスパイ容疑で拘束された。
北朝鮮で1年半ほど拘束されアメリカに返されたが、そのときには体中に無数の傷と菌の感染、目が見えず、耳も聞こえない状態だった。ワームビアさんは拷問を受けたようで、帰国後に死亡してしまった。

挙げられたYoutubeチャンネル