【セントルイス(米ミズーリ州)時事】男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、ミズーリ州セントルイスのベルリーブCC(パー70)で最終ラウンドが始まり、第3ラウンドまで63位の松山英樹は4番でダブルボギーをたたいたが、5、6、8番でバーディーを奪い、9番はボギーで通算イーブンパーで前半を折り返した。

 通算2アンダーで45位の池田勇太、小平智も最終ラウンドに臨んだ。