沢村一樹主演の月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系) に出演する柄本時生にインタビューを実施した。

【写真を見る】笑いのツボが一緒?井沢(沢村一樹)と南(柄本時生)

本作は、上戸彩演じる新米刑事・桜木の成長を描いてきた「絶対零度」シリーズの最新作。沢村演じる元公安のエリート刑事・井沢を新たな主人公に据えて、未来の犯罪を未然に防ぐ“未然犯罪捜査チーム(=ミハン)”の活躍を描いていく。

個性的な面々が集うミハンメンバーの中でも、ひと際存在感を放っているのが、柄本が演じるミハンの表向きの姿“資料課”の生え抜き刑事・南彦太郎。

彼は人付き合いが苦手な反面、パソコンには強く、危険人物の情報収集を行う。緊張感のある展開が続く本作の中でも、愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターで作品の空気を和ませている。

今回、そんな柄本には作品の見どころと共に、彼のプライベートについても聞いた。

――“月9”には初出演ですが、オファーを聞いたときの感想を教えてください。

これまでの月9のイメージで「呼ばれることはないだろうな…」と思っていたんですけど、「そうか! 刑事ものならあるか!」とは思いましたね(笑)。刑事ものと知って「良かったー」と安心しました(笑)。

――そうだったんですね(笑)。実際に撮影をされて、現場の雰囲気はいかがですか?

皆さん大人なので、「やっぱり大人はいいな」って思います(笑)。僕ぐらいの年齢の人が集まると、ぺらぺらとしゃべってしまうので、この現場はいい緊張感があるんです。やらなきゃいけない場面はしっかりやる。そういう雰囲気がいいですね!  “やるところはやる”という皆さんの姿が、格好いいです!

――「絶対零度」の現場と他の現場で違うところはありますか?

差し入れの数がすごいです(笑)。沢村さんと横山(裕)さんがすごい差し入れをしてくださるんですよ。おいしそうなものが現場にいっぱいある!(笑)。

――さすがですね。柄本さんが役を演じる上で、心掛けていることは何でしょうか?

せりふをちゃんと覚えて現場に入ることです。本当にそれくらいです。(現場で)何が起こるか分からないので、とにかく、せりふを言えるようにしておけば、監督さんから指示があっても大丈夫ですからね。あとは、皆さんに迷惑をかけないように!

■ 仕事は「楽しい」だけでは駄目!

――柄本さんの役者としての今後の目標はありますか?

今はただ、頂いたお仕事を全てやらせていただくことに決めています。絶対に断らない! それを念頭においてやらせていただいています。

――ちなみに、お忙しい日々だと思いますが、休日はどのように過ごされていますか?

映画を見るのが趣味なんですよ。DVDを借りる習慣がないので、家で映画は見ないんです。なので、映画館にいます! 

最近ではウェス・アンダーソンの「犬ヶ島」が面白かったですよ。抜群でしたね! 飯塚健監督の「榎田貿易堂」とか。あと、「デッドプール2」は傑作らしいので、見なきゃと思っているのですが、全然見に行けなくて…。

――やはり、柄本さんのリフレッシュの仕方は映画鑑賞なんですか?

どうなんだろ? でも、そんなにストレスはないかな?

――では、楽しんでお仕事ができているんですね。

いや、僕は(仕事は)楽しまないタイプです。楽しいだけでは良くないと思っていますから。仕事ですので、楽しいだけで済ませては駄目だと考えちゃうんです。

――最後に、視聴者に向けて南の活躍の見どころを教えてください。

南は言われたことをすぐやります。めちゃくちゃ仕事が早いですよ!(笑)。ミハンのメンバーはみんな現場に行ってしまうので、南がいないと捜査の情報が何にも手に入らないですから、困るはずです。そこですね!(笑)。(ザテレビジョン)

「絶対零度―」(フジテレビ系)でミハンの一員・南を演じる柄本時生