8月12日(日)、声優の三森すずこがライブイベント『MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」』横浜公演を神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催した。

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

先週の大阪公演に続く今回のライブイベントは、その名のとおり三森のソロアーティスト活動5周年を記念したもの。"5周年"と6月27日にリリースされた4thアルバム『tone.』にちなみ、5つの音色と5つのカラーをテーマに構成された。

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

パシフィコ横浜を埋め尽くす満員の観客が待ち受ける中、「ミライスタート」でライブがスタート。カラフルでポップな幕開けに、大きな歓声が上がる。三森のライブの魅力ともいえるダンサー陣との息の合ったダンスはもちろん、「ドキドキトキドキトキメキス■」では客席中央のトロッコに乗り込んだほか、5曲目の「純情Da Dan Dan」からはバンドメンバーも合流。ステージ、そして会場全体を使ったド派手なパフォーマンスに、客席のテンションも最高潮に達した。

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

さらに、タップダンスを交えたミュージカル調のパフォーマンスや、「サキワフハナ」などの聴かせる楽曲などで、心地の良いアクセントを加える。真っ赤な超ロングドレスで魅せる「革命のマスカレード」、レーザーやスモークを駆使した演出など、目で耳で、そして身体全体で楽しませるステージを展開した。「SAKURA dreamers」では、作曲を担当した太田雅友がスペシャルゲストとして登場し、より一層ステージを盛り上げていく。

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

アンコールでは、客席後ろの扉から登場するというサプライズで、会場のテンションは一気に跳ね上がる。MCでは、今回のライブがBlu-ray&DVDとなって、2018年11月28日にリリースされることも発表。そして、来年2019年2月20日にはミニアルバム『holiday mode』がリリースされるという嬉しい報告も。ファンの歓声もさらに大きくなり、5周年を迎えたアーティスト活動を涙まじりで振り返りつつ、三森は最後にふたたびスペシャルゲストの太田をステージに迎え、デビュー曲「会いたいよ...会いたいよ!」をファンと一緒に熱唱。鮮やかで熱気に満ちた5周年記念ライブを締めくくった。

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」

※文中■はハートマーク。

MIMORI SUZUKO 5th Anniversary Live 「five tones」